本文へスキップ

CT撮影による被ばく線量を評価するWEBシステム

WAZA-ARIv2

ようこそ、WAZA-ARIv2のホームページへ。
WAZA-ARIとはCT撮影の条件に応じて患者の被ばく線量を迅速に評価し臓器線量を提供するWEBシステムです。

このシステムは、国立研究開発法人放射線医学総合研究所、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構、公立大学法人大分県立看護科学大学の3機関による共同研究によって開発を行いました。

平成24年12月に試用版としてWAZA-ARIを公開していましたが、さらに機能を大幅に拡張し平成27年1月30日にWAZA-ARIv2として新たに公開いたしました。

informationお知らせ

  • 平成30年12月13日 CTモデルデータの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・GE LightSpeed RT Large/Small 80/100/120 kV
    ・Philips Ingenuity Large 80/120 kV

    Philips Brilliance64のコリメーション名の一部を修正しました。
  • 平成30年9月3日 サーバメンテナンスのお知らせ

    下記の日時においてサーバメンテナンスを行います。メンテナンス中は本ホームページおよびシステムの利用ができませんのでご了承ください。
    メンテナンス日時 平成30年11月7日 10:00〜16:00
  • 平成30年8月24日 緊急メンテナンスを実施いたしました。

    システムに利用しているアプリケーションフレームワークの脆弱性対策を行うため、8月23日16時頃から緊急メンテナンスを実施いたしました。
    ユーザの皆様には事後の連絡となりご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
  • 平成30年7月4日 CTモデルデータの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Siemens Emotion6 Standard 80/110 kV
    ・Siemens Emotion16 Standard 80/110 kV
    ・Siemens Perspective Standard 80/110 kV
    ・GE OptimaCT660 Large/Small 80 kV
    ・GE RevolutionEVO Large/Small 80 kV

    Siemens Emotion6 Standard 130 kVのビーム幅名称、CTDI値等をImPACT参照値から装置マニュアル参照値に変更しました。
  • 平成30年7月4日 サーバメンテナンスのお知らせ

    下記の日時においてサーバメンテナンスを行います。メンテナンス中は本ホームページおよびシステムの利用ができませんのでご了承ください。
    メンテナンス日時 平成30年7月25日 13:00〜14:00
  • 平成30年5月23日 Manufacturer名称 「Toshiba」について

    5月21日の更新によりManufacturer 名称「Toshiba」を「Canon」に変更を行いましたが、
    過去の登録情報(線量計算結果、ユーザ撮影条件など)への影響を考慮しまして、
    Manufacturer 名称「Toshiba」を残し、追加で「Canon」を設定することにしました。
    今後の新規モデルの追加の際はManufacturer 名称「Canon」に対してのみ行います。
  • 平成30年5月21日 Manufacturer名称の一部変更、CTモデルデータの追加

    以下のとおりManufacturer名称を変更しました。
    ・Toshiba → Canon

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Philips Brilliance 64 Large 80/120 kV
    ・Philips Brilliance iCT Large/Small 80/120 kV
    ・Canon Aquilion ONE(TSX-301) Large/Medum/Small 100/135 kV
    ・Canon Aquilion Prime Large/Medium/Small 100/135 kV
  • 平成30年4月11日 WAZA-ARIv2 Web API機能の仕様説明会について

    WAZA-ARIv2 Web API機能の運用を開始いたしました。
    詳細は以下のURLのプレスリリース記事を参照ください。

    量子科学技術研究開発機構 プレスリリース
    CT検査の患者全員分の被ばく線量管理の実現に向けて ―患者被ばく線量評価システムWAZA-ARIv2がもっと使いやすく―

    本機能の運用に際して、Web API接続仕様説明会を4月27日に開催いたします。
    詳細はWAZA-ARIv2 Web API接続仕様説明会の案内を参照ください。
  • 平成30年4月4日 CTモデルデータの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Toshiba Aquilion 16 Large/Small 100/135 kV
    ・Toshiba Aquilion 64 Large/Small 100/135 kV
    ・Toshiba Aquilion CXL Large/Small 100/135 kV
    ・GE LightSpeed16 Large/Small 100 kV
    ・GE LightSpeed Ultra Large/Small 100 kV
    ・GE DiscoveryCT750HD Large/Medium/Small 140 kV
    ・GE RevolutionHD Large/Medium/Small 140 kV
    ・GE OptimaCT660 Large/Small 120 kV
    ・GE RevolutionEVO Large/Small 120 kV
    ・Siemens Sensation64 Standard 100 kV

    以下のCTモデルのCTDI値の修正を行いました。
    ・Toshiba Aquilion 64
  • 過去のお知らせはこちら


平成30年5月18日現在の情報
・線量データベース Version 20180518
・WAZA-ARIv2システム Version 2.5.1.5
・登録ユーザ数 1595名

WAZA-ARIv2 お問い合わせWAZA-ARI v2

WAZA-ARI開発グループ
E-mail:


お問い合わせはメールのみの対応とさせていただいております。
お電話での対応は行っておりませんのでご了承下さい。

本サイトのご利用にあたってWAZA-ARI v2

サイトポリシーをご覧ください

ユーザマニュアルWAZA-ARI v2

WAZA-ARI v2 UserManual