本文へスキップ

CT撮影による被ばく線量を評価するWEBシステム

WAZA-ARIv2

ようこそ、WAZA-ARIv2のホームページへ。
WAZA-ARIとはCT撮影の条件に応じて患者の被ばく線量を迅速に評価し臓器線量を提供するWEBシステムです。

このシステムは、国立研究開発法人放射線医学総合研究所、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構、公立大学法人大分県立看護科学大学の3機関による共同研究によって開発を行いました。

平成24年12月に試用版としてWAZA-ARIを公開していましたが、さらに機能を大幅に拡張し平成27年1月30日にWAZA-ARIv2として新たに公開いたしました。

informationお知らせ

  • 平成29年2月3日 CTモデルのの追加、Beam width名称表記の一部変更

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Siemens DefinitionAS / Standard / 120, 80 kV
    また、以下のモデルのBeam widthの名称表記を一部変更しました。
    ・Siemens DefinitionFlash
    ・Siemens DefinitionEdge
    表記法としては「コリメーション(データ収集)」としました。
     例:64列 0.6 mm幅、128スライスデータ収集の場合「64x0.6mm(128x0.6)」
  • 平成29年2月1日 線量データの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・GE LightSpeedVCT / Medium / 120 kV
    ・Toshiba AlexionAccess / Normal / 80 kV
  • 平成29年1月20日 線量データの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Siemens Sensation64 / Standard / 80 kV
    ・Siemens DefinitionFlash / Standard, Wide/ 80 kV
    ・Siemens DefinitionEdge / Standard /80 kV
    ・Toshiba Aquilion16 / Large, Small / 80 kV
  • 平成29年1月16日 線量データの追加

    以下のCTモデルのフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Hitachi Scenaria / Normal,Small / 80 kV
    ・Hitachi Supria / Normal / 80 kV
    ・Hitachi SupriaAdvance / Normal / 80 kV
    ・Hitachi SupriaGrande / Normal / 80 kV
    ・Hitachi SupriaGrandeAdvance / Normal / 80 kV
    ・Hitachi SupriaGrandePremium / Normal / 80 kV
  • 平成28年12月28日 統計分布の検索条件追加・バグの対処

    統計分布の表示の検索条件としてphantomを追加いたしました。
    自施設のCTDIvolやDLPを診断参考レベルと比較する際に有用となります。
    他、以下のバグの対処を行いました。
    ・CTDI phantom sizeが計算後にデフォルトに戻るバグを修正しました。
    ・ユーザ登録時に修正ボタンを押すとエラーになるバグを修正しました。
  • 平成28年12月19日 CTモデルの追加

    以下のCTモデル及びフィルター・管電圧のデータを追加いたしました。
    ・Toshiba Aquilion Prime/ Small, Medium, Largeフィルタ / 120 kV
    ・GE Discovery750HD/ Small, Medium, Largeフィルタ/ 80 kV
  • 平成28年11月07日 GE Discovery750HD Mediumの線量データを更新しました。

    線源のデータに一部誤りがあった下記のモデル・フィルターの再計算を行いデータを更新いたしました。

    ・GE Discovery750HD / Mediumフィルタ / 120 kV

    ご迷惑をおかけいたしました。
  • 平成28年10月25日 登録ユーザ数が1000人を突破しました。

    WAZA-ARIv2の登録ユーザ数が1000人を突破しました。

    今後もWAZA-ARIv2をご利用よろしくお願いいたします。
  • 平成28年10月25日 システムのマイナーバージョンを2.5に更新しました。

    WAZA-ARIv2システムのマイナーバージョンを2.5に更新しました。
    システムログイン先のURLが変更となっています。
    ログインページをブックマークされている方はご注意ください。
    ユーザの操作・計算結果等に関しては変更点はありません。
  • 平成28年10月11日 線源データの修正

    以下のCTモデル・フィルターのデータの線源に一部誤りがあったため、現在再計算を行っています。
    データの修正を行うまで、以下のモデル・フィルターは選択できません。
    ・GE Discovery750HD / Mediumフィルタ / 120 kV

    ご迷惑をおかけいたします。
  • 平成28年8月8日 CTモデルの追加・バグの対処

    以下のCTモデル及びフィルターのデータを追加いたしました。
    ・Hitachi Supria Advance/ Normalフィルタ / 120 kV
    ・Hitachi Supria Grande Advance/ Normalフィルタ / 120 kV
    ・Hitachi Supria Grande Premium/ Normalフィルタ / 120 kV

    バグの対処
    ・Toshiba Aquilion16/64 Largeフィルタ 120kV female standardの条件のみ線量計算結果が>999.99と表示されるバグを修正いたしました。
    ・AECの値を入力した状態で線量計算を行った後に線量登録を行おうとするとエラーとなるバグを修正いたしました。
  • 過去のお知らせはこちら


平成29年2月3日現在の情報
・線量データベース Version 20170202
・WAZA-ARIv2システム Version 2.5.0.3
・ユーザ数 1106名

WAZA-ARIv2 お問い合わせWAZA-ARI v2

WAZA-ARI開発グループ
E-mail:


お問い合わせはメールのみの対応とさせていただいております。
お電話での対応は行っておりませんのでご了承下さい。

本サイトのご利用にあたってWAZA-ARI v2

サイトポリシーをご覧ください

ユーザマニュアルWAZA-ARI v2

WAZA-ARI v2 UserManual